Raffine三宮

なぜパーマの失敗が起こるのか?

| コメント(0)

デジタルパーマの失敗といえば、

・かかりすぎた
・ゆるくてすぐとれた
・スタイリングがうまくできない
・思ってたスタイルと違うパーマになった
・傷んだ

・・・などなどが思い浮かびます。

実際、お客様の声を聞いていても、こんな失敗を経験したことがあって、パーマは自分にはむいていない、とあきらめている方も多いです。

でも、デジタルパーマをかけるとスタイリングいらなくて楽だった!という方もいるのです。

どうしてパーマを失敗されるのか、そして、失敗しないためにはどうしたらいいのか・・・



まず、パーマはとっても難しい技術です。

決まった巻き方をして薬剤をつけるだけ、ではありません。

髪質によって、同じように巻いても、パーマのかかり方は人それぞれ。
そして、ダメージ具合によって薬剤を調整しなければ、傷んでしまいます。
傷むときれいなパーマがかからない、という悪循環になります。


髪質というのは、クセ毛なのか直毛なのか、太いのか細いのか、硬いのか柔らかいのか。
それによって、かかりやすさや、乾かした時のカールのでかた、パーマのもちに違いがでます。


これをふまえて、どんな太さのロッドで巻くのか、どこまで巻き込むのか、どんな巻き方をするのか、どんな薬剤を使うのか、を考えます。
ひとつでも間違えると、かかりすぎたり、ゆるかったり、思っていたスタイルと違うパーマヘアになったり、と失敗につながります。


一般的に、直毛は、パーマがかかりにくく、とれやすい。
そしてクセ毛は、パーマがかかりやすく、とれにくい。


・・・のですが、でもそれにプラスして、髪の毛が太さや硬さで、パーマのかかり方は雲泥の差なので、単純に直毛、クセ毛だけで判断できるものではありません。



たくさんのことを考えながらパーマをかけないとうまくかけられないので、パーマは難しいのです!


では、どうしたらデジタルパーマの失敗を減らせるのか。



まずは、美容室・美容師選びは大事だと思います。

パーマに慣れていない美容師だと、どうしてもどこに難しさがあるのかわからず、失敗されがちです。
その髪質によって、どこに失敗になりやすいポイントがあるのか、わかってやっていなければ、失敗されます。
たとえば、ロッドの太さの選定ひとつでかかり方が変わってしまう髪質なのか、それとも薬剤に注意しなければいけない髪質なのか、巻き方に工夫しなければいけない髪質なのか・・・
判断するには、経験値も必要だと思います。


デジタルパーマに力をいれている美容室や、デジタルパーマが得意な美容師に任せるのがいいと思います。

HPやブログ、SNSなどで、パーマのことについて、より詳しく書いてあるといいですね!




そして、自分の髪質を知ることも大事だと思います。

みんながみんな、失敗されるわけではありません。

難しく考えなくても、きれいにかかる髪質の方もいるのです。
今まで何回かパーマをかけているけど、失敗したことない、という方は、選んでる美容室がいいのか、髪質がいいのか、どちらかです。


逆に失敗されやすい髪質の方もいます。

細くて直毛の方は、なかなかかかりにくく、かかってもパーマがきれいにでにくい髪質です。
ただゆるかった、というだけなら、かけなおしたらいいのですが、細い髪の毛というのは、傷みやすいのです。
そこで、かかりにくいからといって、強い薬剤を使ってしまうと、髪の毛が傷んでボロボロに・・・
という失敗になります。


もともとクセのある方は、少し巻き込みすぎるだけで、ふくらんでボリュームがでてしまったり、少しかかりすぎるだけで、一気にスタイリングがやりにくくなったりもします。


また、左右でパーマのかかり方に差がある方も多いです。
どちらか片方だけ、パーマがかかりにくい、とれやすい、といったことがよくあります。
普段から、どちらか片方がはねたりスタイリングしにくい、過去にかけたパーマで左右のバランスがとりにくかった、という方は、パーマをかける前に、美容師さんに伝えてくださいね。


自分が失敗されやすい髪質なのかどうか、によって、美容室えらびは慎重にしなければなりません。


また、やりたい髪型が失敗されやすい髪型かどうか、というのも重要です。


簡単そうに見える内巻きのワンカールパーマ




とってもシンプルな髪型に見えて、パーマで再現するとなると、実は難しい髪型です。

こんなパーマをかけたかったけど、普通のウェーブのパーマになってしまった、という失敗談は、よく耳にします。


他には、ショートヘアのパーマ




ショートのパーマヘアは、パーマの強さやかけ方が少し違うだけで、かわいくもなることも、老けて見えることもあるので、難しいのです。



こういった、失敗されやすい髪型をパーマでやりたい、という場合も、美容室選びは慎重にしなければなりません。


ブログやSNSに似たヘアスタイルがたくさん載っているかどうかも、参考になります。
ただ、パーマをかけずに、コテで巻いてパーマをかけた風にしている場合もあるので、ご注意を。

パーマのことについて、熱く語っている美容師さんなら、安心だと思います!


HP、ブログ、SNS、活用できるものを使ってたくさん調べて、より信頼できそうな美容師さんを見つけてくださいね。




前回:軽めフォルムの無造作ボブ♪

次回:秋冬ネイル

※blogのTOPページ


コメントする

< 2018年12月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のブログ記事

アイテム

  • PhotoGrid_1554546913418.jpg
  • PhotoGrid_1554543260521.jpg
  • PhotoGrid_1554543200711.jpg
  • IMG_2114.JPG
  • IMG_2117.JPG
  • E34.jpg
  • IMG_9386.jpg
  • IMG_2098.JPG
  • a st47a.jpg
  • a st47b.jpg
  • IMG_8696.JPG
  • IMG_8881.JPG
  • IMG_2017.JPG
  • IMG_8867.jpg
  • IMG_8874.JPG
  • IMG_8871.JPG
  • IMG_2068.JPG
  • IMG_2074.JPG
  • BeautyPlus_20190320212404413_save.jpg
  • IMG_2024.JPG

神戸ネイルブログ

gem元町美容師ブログ

B2C梅田美容師ブログ

やすい代表美容ブログ

はやかわ美容室裏方ブログ

天然堂ヘマチンシャンプー&トリートメント



無添加シャンプー天然堂
髪にやさしい、地肌にやさしい。
毛根の健康に取り組みましょう

動画、ヘアスタイルと大変身!
ヘアスタイルとメイクで大変身!
こんなに変わる! モデル募集中

神戸,大阪,美容院,b2c
神戸三宮,大阪梅田の美容室
B2Cのトップページ


月別 アーカイブ