Raffine三宮

細くて傷みやすい、でもクセも強くて伸びにくい...難しい髪の毛でも最後まで綺麗にします。

| コメント(0)

縮毛矯正をするとき、髪の毛がどれくらいダメージしているかや、髪の毛の太さなどから、どれくらいの強さがあるか、計算しながら薬剤を決めます。

白髪染めをしている髪の毛だと、見た目以上にダメージしていることもあり、縮毛矯正だけをーダーの場合でも、普段どれくらいの頻度でカラーをしているか、どんな色でカラーすることが多いのかなど、一見関係なさそうなカラーについての質問をしたりすることも多々あります。


そのお客様の髪の毛の、できる限りの情報を集めたうえで、どんな薬剤で矯正するかを決めるのです。



薬剤が強いと必要以上に傷んでしまいますし、場合によってはチリチリになったり、パサパサになったりすることもあります。

ラフィネでは弱酸性の薬剤を使っているので、他のお店の縮毛矯正よりはダメージが比較的少なく、艶のあるストレートをつくることが可能です。
それでも、ラフィネのスタッフは、できる限りダメージを少なくすることで、ハリのある自然なストレートを目指しているのです!


どこよりもツヤツヤで、自然なストレートにします!




縮毛矯正 ノンアルカリ ノンアルカリ縮毛矯正


こちらのお客様は、髪の毛が細く、クセは強めです。

普通の黒髪に見えますが、白髪染めをしています。
黒色なので、白髪染めはダメージがほぼなく、染めることができます。



ただ、細い髪の毛というのはダメージしやすいため、縮毛矯正に使っている薬剤は、慎重に選ばなければいけません。


そして、薬剤を塗布した後にどれくらいタイムをおくかも重要です。

もちろん、部分的に薬剤を塗り分けるという作業も必要です。
顔周りや襟足などは、他の部分よりも弱い髪の毛のため、全部を同じ薬剤で矯正すると、必要以上に傷んでしまいます。



そんなたくさんの工夫をした結果、きれいにクセを伸ばすことができました!


ストレート 酸性ストレート 




細い髪の毛はクセを伸ばすのが難しく、薬剤が強いと傷むし、弱いとクセが伸びないし、ということでクセが伸びるギリギリのところまで薬剤のパワーを抑えて、矯正しています。


今までクセがきれいに伸びたことがない、毛先のダメージが気になる、ストレートをしたのに手触りが悪い、いち部分だけ傷んでいる、そんなお悩みの方。


ラフィネのノンアルカリ縮毛矯正で、ダメージを減らしていきませんか?
髪の毛がきれいになるために、できる限りのことをさせていただきます。

これから年末にかけて、きれいな髪の毛にしていきましょう!





前回:ツヤ髪ストレートになりましょう^^

次回:アメリカ人のナチュラルストレート

※blogのTOPページ


コメントする

< 2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のブログ記事

アイテム

  • a st57a2.jpg
  • a st57a.JPG
  • a st57b.JPG
  • IMG_3616.JPG
  • IMG_2973.JPG
  • IMG_2972.JPG
  • IMG_2967.JPG
  • a col26.jpg
  • IMG_3607.JPG
  • IMG_3605.JPG
  • IMG_3602.JPG
  • IMG_3601.JPG
  • IMG_3609.JPG
  • IMG_2934.jpg
  • IMG_2950.JPG
  • a st56 a.jpg
  • a st56 b.jpg
  • IMG_2947.JPG
  • IMG_2946.JPG
  • kai3.jpg

神戸ネイルブログ

gem元町美容師ブログ

B2C梅田美容師ブログ

やすい代表美容ブログ

はやかわ美容室裏方ブログ

天然堂ヘマチンシャンプー&トリートメント



無添加シャンプー天然堂
髪にやさしい、地肌にやさしい。
毛根の健康に取り組みましょう

動画、ヘアスタイルと大変身!
ヘアスタイルとメイクで大変身!
こんなに変わる! モデル募集中

神戸,大阪,美容院,b2c
神戸三宮,大阪梅田の美容室
B2Cのトップページ


月別 アーカイブ