美容室、神戸三宮・元町と大阪梅田のB2C B2C梅田 gem元町トアウエスト Raffine三宮

経営者はずるい?

| コメント(10)


「経営者はずるい!」

どこかのトピックスでこんな言葉が目に入りました。誰だって、そして僕だって、ずるい事をしたことはあるはずです。ただ、僕は少し気になりました、その言葉が。「うちの経営者はずるい」でもなく、「経営者は全員ずるい」というニュアンスに感じられたからです。 本当に経営者ってずるい人が多いんだろうか? 将来、独立を目標にしている人にも考えてもらいたいな、と思い、僕の考えを書いてみました。



 ただ、ここでは、「経営者はタイムカードも押さず、自由に時間を使っている」とか、「みなと一緒に掃除もしてくれない」などという、幼稚な発想の「ずるさ」を指しているのではありませんし、世の中の規則さえ守っていれば「ずるくない」、という型にはまった考えものでもなく、あくまで「人と人」の問題について、です。



つまり、「従業員は、嫌になったら辞めるだけですむ、ずるい」「なんで従業員だけ、赤字になっても給料が保障されなくちゃならないんだ?赤字になったのは皆のせいだろ?」「経営者の僕は、確定申告のため、休みもとらずに決算に追われているのに、従業員は手伝わなくてずるい」などと言い出すとおかしなことになってしまうからです。まず、お互いがわかっていなくてはならないのは、「立場が全く違う」「役割が全く違う」という事実です。



 これは経営者に限った事ではありませんが、「約束を守らない」だとか、「金銭面で信用できない」とか、そういう経営者に絞って、その意味でのずるさについて、書いてみます。





独立して経営していると、ある日、とんでも無い事に気づいてしまいます。



 子供のときに、親や学校の先生から聞かされていた、「まじめにコツコツやっていれば必ず結果が出て報われる」という言葉が、「ウソである」という事に、です。

 まじめにコツコツやっていても、とうしようもない死活問題に直面したり、窮地に立たされたり。

 中には、ホントにお店をつぶしてしまって、銀行や元社員から、まるで犯罪者のようにつるし上げられたり、している人もいます。

 でもそうやって逃げ回る羽目になってしまっている経営者たちも、大半の人は「まじめに頑張っていた人」なのです。



まじめにやっていても、潰れる時は潰れるし、だめな時はだめなのです。「まじめにやっているのだから、周りの人も助けてくれる、世の中も神様も、見放したりしない」というのは幻想で、世の中はそんな風な仕組みにはなっていません。



それに気づいた一部の経営者たちは、「時にはずるさも必要か」と考え始めるのです。



「このままではお店がやっていけない・・・ 背に腹は変えられない。ちょっとずるい方法だが、これしかないだろう・・・」と、ずるい方法を使って窮地を乗り越えようとします。



案外これがうまくいったりするのです。そこで経営者は悟ります。「キレイ事だけではだめなのか・・・ 時にはずるさも必要なのだ」と。



ここで経営者は考えを変えて、ずるさに磨きをかけ始めます。「上手にずるくなってやる!」



 多分、こういう発想になってしまっている人、世の中に多いと思うなあ・・・



確かに経営者である限り、「無理」をしなくてはならない事は多々あります。でも「無理」と「ずるい」は全然違うのです。



僕にいわせれば、この様に「ずるい方法」を取るのは大間違いで、なぜなら「ずるさ」は「ひとりあたり1回」しか通用しないからです。



どういう時に通用するかって? それはその人が周りの人にまだ、「ずるい事をしな人だ」と思われている時だけ、です。



ずるさというのは、だまされてくれる人がいないと成立しない方法です。相手が「この人は信用ができる」と思っていなくては成立しません。しかし、一度ずるい事をすると、「この人はずるい」と思われてしまうので、もう、ずるい方法を使おうとしても、相手がだまされなくなってしまうのです。



気づいたときには「あの人はずるい」と皆に思われ、窮地に立っても誰も助けてはくれなくなります。

そして「自分の事だから自分で責任取る」などといって、ずるさにずるさを重ねて「どうしようもない」状態に追いつめられてしまうのです。



では、「まじめでコツコツ」だけではだめ、「ずるい」のはだめ、一体どうすればいいのか・・・





 答えは多分、こうです。「上手にする」。



上手な経営方法を「まじめにコツコツ」やってこそ、初めて結果がついてくるのだと思います。



えらそうな事を書きましたが、僕はどうかって? やはり日々考えています。「上手な経営とは何だろう・・・」って。



お客様にせよ、従業員にせよ、誰かを犠牲にすると「恨み」を買います。でも長い間経営していきたいなら、買う「恨み」は少なければ少ないほどいい。

何せ、「恨み」を持っている人の行動は、予測も計算できません。

思いつめると人は「そんな事やったら、あなた自身が損じゃないか!」という事を思わずやってしまうのです。その事は戦国時代の明智光秀をみているだけでも良くわかります。



 僕が昔働いていたお店で、経営者に内緒で、すぐ隣に美容室を作り、内装が完成してから「隣のお店、実は私のお店なんです。すみませんが、辞めさせていただきます」といって、顧客をかっさらって独立した人がいます。それまでは、経営者に従順なまじめな人だったのです。自分の指名客以外にもDMを送り、それはそれは誰が見ても品のない独立の仕方でした。



この人は考えたと思います。「うまくしてやった。これで開店直後からお客に困らない」。寝首をかかれた経営者は泣いていました。しかし、その経営者は、数ヶ月で気持ちを建て直し、独立した人のお店の事を、悪く言いませんでした。 人の同情は、一気にその経営者に集まりました。



しかし、そのズルイ独立をした人は、開店早々から「ずるい事をする人である」と周りにバレてしまいました。数名いたスタッフも急に来なくなったりして、早々と人手不足に陥ります。「あんなずるい人に、前もって辞めるなんていったら、給料ももらえないのではないか」と疑われたのではないでしょうか。そしてずるい人に、不誠実な態度を取るのは、罪悪感を感じません。周りの人がその人に対し、不誠実な態度を取り始めるのです。



上手に経営、恨みを買わずに経営、まじめに経営。 このバランスのなんと難しいことか。



僕には「ウサギと亀」の話すら、「たまたまウサギが居眠りしたから勝てたようなもので、そうでなければ絶対にウサギが勝っていた」という物語にしか思えません。ウサギに勝つための作戦もろくに考えず、「とりあえずやってみよう」で競争に踏み切った亀はまったく「浅はか」です。

僕がもし亀だったら、いい方法が浮かばない限り競争はしません。相手がたまたま居眠りするなどという「自分に都合が良すぎる予測」もしません。

あらかじめ近道を見つけた、など勝てる方法があるなら別ですが、実力も方法もないなら、はじめから競争を挑まないなど、自分を崩壊させない方法を選んでこそ、正しい方法なのだ、と僕は考えます。



独立を考えている若い人達に言いたい。「楽で上手い話」なんて、あると思うから失敗するのです。

独立するまでに「上手な方法」と、「まじめに頑張る決意」をしておくべきです。そして結局、その方がずっと楽です。





恨みをかった人間には向かい風が、応援される人間には追い風が吹くのです。



僕もそういう生き方を目指していきたい。 目標は「完全」です。


前回:西宮市立高須中学1年生への講義

次回:新人たちがやってきた! スタッフが成長できる店って??

※blogのTOPページ


コメント(10)

色々あるけど、頑張るしかないので…



応援される人をめざしていきたいと思いました

けして、恨みをかったり、憎まれる人にはなりたくないし、私は、なれないなぁ〜。きっと…



ためになる話ありがとうございます

いつも為になる話ありがとうございます。

完全な経営者の考えですね

雇われる側と雇う側の決定的な違いがわかりました☆ 

すごいわかります
雇われる側と雇う側の両方を経験しているので
みんなのその立場なりの想いや大変さ、それぞれ理解できます

あと同じような経験しました
逆ですが働いていた店を経営者からしばらく店しめるから買い取らないかと言われ顧客つきで買い取り、半年後にその経営者はすぐ近くに店を出しました
有り得ない話です自分の弟子をダマしたようなもんだと
当時はディーラーや美容学校の校長にまで話が広まって
その経営者は美容界ではみ出し者扱いでした
私たちは信じていただけにショックでした。最初はお客様も先生にあたるその人の店にいきましたがそのうち従業員やお客様も離れ、逆にうちの店の方がお陰様で大きくなりました。
ちなみにその経営者はいま奥さんに離婚され、年をとってひとりぼっちらしいです
義理人情欠いたら必ずや最後はみじめな結果です。

ずるい、と上手くやる、は違います。ほんとそうですよね

キングさんの日記から来ました。

まったく同じ意見だったので気になって・・・

どんな方かなぁと。。(^^



基本的に、従業員とオーナーは

うまくして信頼関係が築けたとしても

お互いの苦悩を理解するには至らないものだと・・・

実際にやっていて思います。





「良い意味」で諦めて・・

求めすぎず・・・・ でも自分からは

気持ちの良い関係を作る努力をしたい。



結局・・・ 自分のやったことが、やった分だけ

良くも悪くも 未来の自分に帰ってくるのだと。

そういえば睡眠障害の日記にもお邪魔しました(^^



似たような位置にいるのか・・・

Shujiさんの言葉は、心にすっと入ってきます。。。。



時々お邪魔します〜

経営とは全くジャンルが違いますが、なんとなく共通するものを感じました。



“上手くズルをする”



人にバレちゃいけない・・・





高校生の頃、勉強よりも部活動(音楽)に力を注いでいました。

歴代の諸先輩方はそんな後輩達の活躍を本当に応援して下さって、現役時代からお世話になっていた先輩方数名と有志数名とで現在アンサンブルを組んで音楽活動をしています。

メンバー内でも私は年齢でいえば下から2番目。

本当なら年上の、しかも各々の現役時代はさぞかし厳しく怖い存在だったであろう先輩方に対して下っ端の私なんかは出しゃばれないはず・・・

だけど私たちには年の差関係なくお互い尊敬しあってると感じるんです!

先輩方は私のどこを認めてくれてるのか、はっきり分ります。



☆楽器テクニックと曲の理解力と表現力☆



担当楽器は違えどどんな弾き方をすべきか毎度尋ねられます。

下っ端が先輩に教えるなんて現役の頃では考えられないですよね!

それでも今は大人だから上下関係は厳しくないけれど、肩書きとかがない限り普通しませんよね。



私は個人練習で苦手な部分の練習をする時、いつも“どうやって弾いてやろうか。。。”と、あぁでもない、こうでもないと試行錯誤し、それでもできない時は上手く聴かせる方法=ズルを考えるのです。

何も知らない人は“あんな難しいのよく弾けるよなぁ!”と関心するでしょう・・・いやいや、騙されてますから!(笑)

それも良く言えばテクニックの一つですよね!



自画自賛してしまいましたが、ズルがバレずにできる人の共通点は“素直に上を目指す向上心がある!”ってことですかね。

私はプロではありませんが、メンバー内では常にスペシャリスト気取りですから(笑)

そんなくそ生意気な私に対して何の嫌みなしに接して下さる先輩方との関係はまさに信頼関係が築けているからだと感じている訳です。



これからも真剣に練習し、ズルを実行しながらパワーUPしていきます!!



いつもすごくためになる日記ですね

読んでると本当にいろんな事を考えるきっかけになります



私が今働いているお店は、良いのか?良くないのか??経営者と従業員の関係がとてもルーズというか‥そんなところがあるんです。

お互いの立場を理解する努力をしなくては‥と、改めて思いました。

誠実さを忘れず、上手くズルするコツは???そこが難しいとこなのですが、そんな事を考えてたら、ちょっと気が楽になりました

皆さんへ・・・



僕は実は「上手にずるくするのが良い」というつもりで書いたんじゃなかったんです。



僕は「ずるさ」を否定しているので、

「経営者はずるく運営すべきではない、上手に運営すべきである」

といいたかったのです。「まじめにコツコツ」では崩壊し、ずるいはその場しのぎ。



結局 なんでも上手に運営しないと、長くうまくはいかない、という僕の気持ちです。



つまり、ずるい、と上手は、似て非なるものなのです。



ずるさ、など、所詮、その場しのぎに過ぎない、という事を言いたかったのです。



実は、僕はずるい人はかなり嫌いなのです。

shujiさん、初めまして。

美容師情報交換のコメントから来ました。



私も新米経営者です。ずるいって言葉で言ってしまいますと

私も好きでは有りませんが、一年経営してみていい人過ぎるのも

経営者としてはどうかな・・と考えさせらています。



すべてはバランスかな、と思います。



そのバランスこそが難しく、悩みどころですが

それを日々考えるのも経営者の仕事かなと思っています。



shujiさんの言葉はいつも勉強になります。





shujiさん、初めまして。

美容師情報交換のコメントから来ました。



 核心を突いたご意見ずしっと重みがありました。

コメントする

■ BlogのTOP
2008年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のブログ記事

最近のコメント

神戸,大阪の美容室
B2C&Raffineのオーナー
B2C梅田
06-6361-5666
Raffine三宮 
078-333-1120
gemトアウエスト
078-332-0400

出勤日程とご予約

※メールはこちらまで

アイテム

  • 28384.jpg
  • HC265.jpg
  • kyouseih2.jpg
  • kyouseih1.jpg
  • stst112.jpg
  • 20190515085652.jpg
  • IMG_20190428_1344239.jpg
  • PicsPlay_1557205342726.jpg
  • PicsPlay_1557205291770.jpg
  • PicsPlay_1557205223703.jpg
  • PicsPlay_1557205452937.jpg
  • PicsPlay_1557203069425.jpg
  • cfe77d30-58aa-4210-a066-88ff1b66c9a5.jpg
  • st1.jpg
  • IMG_20180526_2014132.jpg
  • perm10.jpg
  • HC252c.jpg
  • HC252.jpg
  • 24510.jpg
  • chocho2.jpg

無添加シャンプー天然堂
髪にやさしい、地肌にやさしい。
毛根の健康に取り組みましょう

動画、ヘアスタイルと大変身!
ヘアスタイルとメイクで大変身!
こんなに変わる! モデル募集中

神戸,大阪,美容院,b2c
神戸三宮,大阪梅田の美容室
B2Cのトップページ


月別 アーカイブ