美容室、神戸三宮・元町と大阪梅田のB2C B2C梅田 gem元町トアウエスト Raffine三宮

ブルーブラックはなぜ簡単に実現しないのでしょうか??

| コメント(0)

明るいヘアカラーがしたいわけでもない、或いは職場などの事情でそこまで派手にはできない。
でも、少し個性が欲しい・・・

そんな時に目に入るのがブルーブラックかもしれません。

ブルーブラック

こんなに濃い色なら職場でも怒られないかも・・・

しかし、理解していない美容師が染めれば確実に失敗しますし、理解できている美容師ほど「ブリーチは必須です」と説明します。

なぜ、ブルーブラックは難しいのか、なぜ暗い色なのにブリーチが必須なのか、
しかも長持ちしないのはなぜで、どういうお手入れが必要かを書いてみます。


色の3原色は「シアン」「マゼンタ」「イエロー」です。

日本人の髪は「黒」ではありますが、決して「シアン」「マゼンタ」「イエロー」が均等に混じっているわけでは無いのです。

一番多いのが「イエロー」そして「マゼンタ」、最も少ないのが「シアン」です。

しかしブルーブラックは、その配合比を逆転させなければなりません。

一番多いのがダントツで「シアン」そして「マゼンタ」、最も少ないのが「イエロー」という状態です。

つまりブルーブラックを実現するためにはブリーチをしっかりかけて「イエローとマゼンタ」を大量に取り去り、金髪になった状態から大量の「シアン」と、適量の「マゼンタ」を補給する必要があるわけです。

大量の「シアン」と、適量の「マゼンタ」を混ぜれば、青紫になります。

ただし、一度金髪までブリーチしてしまった後から人工的な「シアン」+「マゼンタ」を補給したとしても、毎日のシャンプーでどうしても抜けてしまいます。

抜ければ金髪に戻ってしまいますから、また「シアン」+「マゼンタ」=「青紫」を補給しなければならないわけです。
もちろん、ブリーチを伴う分、ダメージも少なくありません。

格好良くいブルーブラック、道理でやっている人は限られているわけです。

でも、そのリスクをご理解の上、チャレンジされるとステキかもしれませんよ。
苦労しないと出せない色だからこそ価値があるわけですから。


前回:ドライストロークカット

次回:軟毛、直毛、カラー毛にかけた弱酸性デジタルパーマ

※blogのTOPページ


コメントする

■ BlogのTOP
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のブログ記事

神戸,大阪の美容室
B2C&Raffineのオーナー
B2C梅田
06-6361-5666
Raffine三宮 
078-333-1120
gemトアウエスト
078-332-0400

出勤日程とご予約

※メールはこちらまで

アイテム

  • IMG_20190813_1618336.jpg
  • 28384.jpg
  • HC265.jpg
  • kyouseih2.jpg
  • kyouseih1.jpg
  • stst112.jpg
  • 20190515085652.jpg
  • IMG_20190428_1344239.jpg
  • PicsPlay_1557205342726.jpg
  • PicsPlay_1557205291770.jpg
  • PicsPlay_1557205223703.jpg
  • PicsPlay_1557205452937.jpg
  • PicsPlay_1557203069425.jpg
  • cfe77d30-58aa-4210-a066-88ff1b66c9a5.jpg
  • st1.jpg
  • IMG_20180526_2014132.jpg
  • perm10.jpg
  • HC252c.jpg
  • HC252.jpg
  • 24510.jpg

無添加シャンプー天然堂
髪にやさしい、地肌にやさしい。
毛根の健康に取り組みましょう

動画、ヘアスタイルと大変身!
ヘアスタイルとメイクで大変身!
こんなに変わる! モデル募集中

神戸,大阪,美容院,b2c
神戸三宮,大阪梅田の美容室
B2Cのトップページ


月別 アーカイブ