美容室、神戸三宮・元町と大阪梅田のB2C B2C梅田 gem元町トアウエスト Raffine三宮

ヘアスタイルが四角くなるのは縮毛矯正の手段の問題かも

| コメント(0)

先日、ご新規のお客様がご来店になられたとき、真横から見たときに頭頂部が角張ってい見えました。

もちろん、縮毛矯正してから一定の期間が経てば根元からはくせ毛が生えてきます。
そうすると、矯正している髪と新生部の間に折れができてしまい、この様にヘアスタイルのシルエットが角張ってしまう事があります。

これは、前回の縮毛矯正が毛穴から折れる形で施術されていたのが原因である可能性が高いです。

根元に丸みが欲しいと思うのは当然だと思いますが、決して僕は
わざと根元を外して矯正をかけているというわけではなく、
根元からしっかりかけた上で髪にハリを残して毛穴で折れない様に施術している

のです。

もちろんAfterの写真はアイロンもブラシも無しのフリードライです。

しかも、この仕上がりなら、新しい髪が生えてきても境界が折れないので、かえって長持ちするはずです。


縮毛矯正で頭頂部に自然な丸み

「襟足が跳ねて困る」とのことでしたので、こちらもキッチリ伸ばし、跳ねにくいようにカットしました。できればブローやアイロンでのセットはしない方が髪は傷みません。

美容師がどこまで縮毛矯正とカットで形を完成させられるか、そこが技術だと思っています。




前回:ノンスタイリングで決まるウェーブパーマ・お盆は休まない

次回:生え際,産毛の縮毛矯正で印象が変わります。

※blogのTOPページ


コメントする

■ BlogのTOP
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
[ 下記キーワードを含む記事 ]

最近のブログ記事

神戸,大阪の美容室
B2C&Raffineのオーナー
B2C梅田
06-6361-5666
Raffine三宮 
078-333-1120
gemトアウエスト
078-332-0400

出勤日程とご予約

※メールはこちらまで

アイテム

  • color3.jpg
  • color4.jpg
  • 1A911DB9-A4AE-4AD1-89B8-4E03C3394750.jpeg
  • harf4.jpg
  • 677492E2-6DCA-4DDD-B164-F166A0700612.jpeg
  • kyousei002.jpg
  • E45266E7-D7AF-4416-8269-76637700558E.jpeg
  • 996EA6C6-896E-4796-BF52-B860E9099A8D.jpeg
  • menz.jpg
  • 0AFF4B87-58EF-4CAC-9959-EF36C90027FD.jpeg
  • DAC2E67D-2A4C-4153-B066-AC16B7FE61B9.jpeg
  • 2FD30019-8D43-456C-944B-768E8FA1A6DD.jpeg
  • BE6C302B-474A-4609-9574-914A2D1C7A09.jpeg
  • bri.jpg
  • beforeafterw.jpg
  • 57DAAFF2-A2F6-45DD-8FF2-F0B2BEC98F48.jpeg
  • shukumou429.jpg
  • 矯正3.jpg
  • 8AD20245-2809-4638-B696-3A29D20F028D.jpeg
  • 8127FB83-61A0-408C-8345-C17918FD62AE.jpeg

無添加シャンプー天然堂
髪にやさしい、地肌にやさしい。
毛根の健康に取り組みましょう

動画、ヘアスタイルと大変身!
ヘアスタイルとメイクで大変身!
こんなに変わる! モデル募集中

神戸,大阪,美容院,b2c
神戸三宮,大阪梅田の美容室
B2Cのトップページ


月別 アーカイブ